« 2019年10月 | トップページ | 2019年12月 »

2019年11月

2019/11/26

銀座蔦屋書店

GINZA SIX6F 銀座蔦屋書店にて新刊絵本の刊行記念フェアを企画頂いています(12月26日~)。フェアでは新作と特殊な制作過程で生まれる「絵本の欠片」たちを展示予定。その後は、京都、岡山と展示が巡回に。
少し制作モードが続いたから、来年は本と一緒に色んな場所を旅して、色んな方々にお会いしたい。
それぞれの詳細はまた追ってお知らせします。

1_20191126192301

|

2019/11/21

2回目の色校確認

来月刊行の絵本、2回目の色校確認。紙をあれこれ変えてみてやっと理想のシルバーの発色になりました。
そして叶えたかった造本もどうにか実現の方向に向かっています。
ギリギリのスケジュールのなか「後悔のないように」と細々とご対応頂けることに感謝しかない。
絵本は12月25日刊行予定。間に合うかどうか。
7_20191121211501

|

2019/11/18

一つ一つ向き合う

来年2月刊行の絵本制作も佳境に入る。
残すところ見開き4ページ。
数カ月ずれはしているものの、ほぼ同時進行で動いてきた2冊の絵本。
水面下で動いている本も含めると4つの物語を行き来しています。
数年前まで、本作りとは一冊一冊しか向き合うことができないと感じていたけれど、いくつの物語を抱えていようと、結局はその時、それ以上と向き合うことはできないのだから、変わりようがないのだと知りました。
描きたい物語はなくなるどころか描くほどに溢れてくるし 
Ejkoxs7u4auihgt
 

|

2019/11/12

色校

来月出版に迫った猫絵本。
昨日はデザイナーのサイトヲヒデユキさんと色校の確認でした。今回の絵本は蛍光イエローにシルバー、それに2色をプラスした特色4色仕様。
それに加え今回も素敵なデザインをご提案頂け、造本に無理難題をお願いしています。

どうにか実現すれば良いのですが…。
溢れる想いは伝えたので、あと私にできるのは祈ることだけ。

Aaa

|

2019/11/11

13年目

昨日はお誕生日。
東京に暮らしはじめて13年。
こちらに出てきたばかりの頃は、こんなに長く東京に暮らすことになるとは思いもしなかった。
何歳の自分も絵を描いてきたけれど「作ることが支え」だった頃から、今は「作ること」に背中を押されてばかりです。
いつも気にかけてくださる方々に感謝の日々。

Img_9049

|

2019/11/02

来年にかけて二冊の絵本の刊行準備を進めています。
2020年2月刊行の絵本は特装版の制作と同時進行。徳島に本社を置かれるアワガミファクトリーさんのご協力により、一冊の絵本の為に「紙」の誕生からご一緒できることになりました。
絵を描くとき、本を作るとき、いままで既製品から「選ぶ」という選択肢しかなかった紙。職人さんとのコラボが今から楽しみです。
造本設計にも拘りたい。

1_20191102112201

|

« 2019年10月 | トップページ | 2019年12月 »