« 搬入準備 | トップページ | 代官山 蔦屋書店でのフェア展開のお知らせ »

2021/01/31

Iela Mari


イエラ・マリ

いつか忘れてしまったけれど、ずっと前。
彼女の作品を初めてみたときは衝撃でした。
彼女が生涯に作った絵本は10冊にも満たないにもかかわらず、
彼女の絵本を手にした人が受け取る感覚の大きさは計り知れない。

1_20210131125401 2_20210131125401



ここ数年本作りが面白くてたまらなくて、辛くて、楽しくて、夢中で
すっかりタブローを描かなくなった。
 
もはや自分は絵描きではないんだろう。
気付いたときにはタブローとして描きたい絵が自分の中になくなってた。
明けても暮れても、筆を持ち、描いて、描いて、描くことが必要だったし、ずっと描いていくんだと思っていたのにいつのまにかいなくなってた。


それが、とても健康的で、悲観的なことではまったくなく、どちらかというと気に入っている。
では絵本作家か?と問われると、絵本作家でもない。
本を作っていくし、絵本を作りたいし、便宜上、そう名乗ることも呼ばれることも多いけれど。


なんでもいい
恐れないで、知りたいことの方向に、向かってゆく





|

« 搬入準備 | トップページ | 代官山 蔦屋書店でのフェア展開のお知らせ »