« 2023年6月 | トップページ | 2023年8月 »

2023年7月

2023/07/31

隅田川花火大会

先日はスカイツリーの見える場所にアトリエを移してから初めての隅田川花火大会。
屋上から見えるといいなぁとスタンバイしていたらばっちり見えました。
スカイツリー越しの花火と月とお酒。
花火を見ながら
もう叶うことのない願いを思い浮かべてると、夜風が頬を撫でててくれた。

Aa_20230731154001

|

2023/07/22

小学館児童出版文化賞


嬉しいお知らせが続きます。
昨日『PIHOTEK』(講談社)が第七十二回「小学館児童出版文化賞」最終候補作にノミネートされたことが発表になりました。

歴代の受賞者は、いわさきちひろさんに、安野光雅さん、谷川俊太郎さんと錚々たる面々。

そんな方々と同じステージに手を伸ばせていることが夢のようです。「日本絵本賞大賞」「日本書籍出版協会理事長賞」に続き「小学館児童出版文化賞」のトリプル受賞になりますように。最終選考会は9月です。


『PIHOTEK ピヒュッティ -北極を風と歩く​-』講談社
文:荻田 泰永 絵:井上 奈奈
装幀:阪口玄信

|

2023/07/21

新装版『ウラオモテヤマネコ』絵本原画展 @よもぎBOOKS

02ee67467d3ef0a93789

松山での展示を終えて、今日から三鷹のよもぎBOOKSさんにて新装版『ウラオモテヤマネコ』の巡回展が始まりました。ウラオモテヤマネコの原画12点が展示されています。店長の辰巳さんの想いがぎゅっと詰まった素敵な書店さん。


展示に向けてRISO作品も3点制作。
金色インクが美しく発色してくれました。
是非展示と併せてご覧ください。


----------------------------------------------------------------

新装版『ウラオモテヤマネコ』絵本原画展
2023年7月21日(金) - 8月6日(日)
*会期中 7月25日・28日・8月1日はおやすみ
東京都三鷹市下連雀4-15-33 三鷹プラーザ日生三鷹マンション2F

https://yomogibooks.com/

----------------------------------------------------------------
※7/29(土)12時30〜開催トークイベントは満席になりました。
ただいまキャンセル待ちを受付中です



F1ecfm6acamp5w_

F1ecfnaakaanqim

F1ecfm_auaigjx_

|

2023/07/15

「エルマーのぼうけん展」

昨日は「エルマーのぼうけん展」の特別内覧会へ。
緻密に描き込まれた130点の原画たちに見入りました。知らなかったエルマー誕生秘話に触れ、寡作の作家の作品がこんなにも世界に羽ばたいていった理由を垣間見たような気持に。
ぼうけん図書館コーナーでは著作の『PIHOTEK』も展示いただいています。

360121488_9622127657859478_8850707377331 F0_clqcauaah6sd 361210054_9622127201192857_8503637304022 F0_clqwakaanrwu F0_clqakaacaa   

|

2023/07/12

作家の本棚


選書を担当している岡山の招き猫美術館内にある山猫文庫。
今月は青土社の『ルイス・ウェインのネコたち 』クリス・ビートルズ ( 著 )を取り上げました。
ルイス・ウェインがネコを描き始めたのは、病床の妻を喜ばせるため、飼いネコの ピーターを描いたことがきっかけでした。
愛しい人を想う優しい心が、のちの国民的画家を生み出したのです。
彼の人生に触れられる一冊。
是非ご覧ください。
358530707_9603271226411788_4608779002240
https://www.instagram.com/p/Cui6v_JyLSR/?utm_source=ig_web_copy_link&igshid=MzRlODBiNWFlZA%3D%3D&fbclid=IwAR3T08ywr4aztUG6LdJCSl6MDveI_zUykDT9Xuzrvhfo8ZZyDE4KkaMmSGU

|

2023/07/04

新刊準備中

新刊の制作を進めています。
こちらは先日の篠原紙工さんでの打ち合わせ風景。自然光が入るオフィスも素敵でした。

今回の本はオブジェのような、エッセイのような、絵本のような、ジャンルを越境した、どこにもない本。
素晴らしい技術と才能を持つ制作メンバーのお陰で、夢のようにフワフワと考えていた造本が現実のものになってしまいそうです。ずっと一緒に本を制作したいと思っていた方々のモノづくりにかける熱量は、私の想像を遥かに超えていました。
刊行は秋頃を予定。
きっと素晴らしい一冊になる。

 358141509_9555760104496234_5675247745998 Fzhlmlkaiaesl0l-1

 

 

|

2023/07/03

メッセージ

耐えられないほどの悲しい出来事がおこると、色んなことからメッセージを感じ取るにようになってしまうものなんだな。
自分の弱さをつきつけられながら、こんな悲しみを乗り越えられるほどに強くならなくても良いと思う。
悲しんで悲しんで悲しみつくすしか、ないのだ。

357439345_9549303555141889_1616513017349

 

 

 

 

|

« 2023年6月 | トップページ | 2023年8月 »