« 新潟 | トップページ | 装画のお仕事/『畏れ入谷の彼女の柘榴 』(講談社 »

2023/10/06

2023年11月号『MOE』

展示ラッシュが落ちつき、やっと腰を添えて制作をしています。
来春には絵本とエッセイ集2冊の本が刊行予定。
書いて描いて、かきまくらなければ。


色んなところで、講演や単発のエッセイの依頼が増えつつある今日この頃。
嬉しい版面、自分の個人的な話をどれだけ興味を持ってくださる人がいるのかという不安もあります。

かつて人前で話すのが苦手だった時(今も緊張しますが)なんとか克服しようとデザインの専門学校で講師をする仕事を引き受けました。
場数さえ踏めば、苦手なこともやがて日常に変わると思ったからです。(崇高な想いをもって先生をしていなくて申し訳ない)
人前でトークをするときは、なるべく嘘のないように自分を語ろうと心掛けています。
それで嫌われることがあったとしても、好かれるために繕った自分を好きになってもらえてもそれは嘘に過ぎない…
そう考えられるようになったのは最近の事です。

講師ととして仕事を初めてみると、なかなか楽しいことも多かったり、やっぱり私には向いてないと思ったり。
それでも「人にわかりやすく伝える」ことはほんの少し上手になったようにも感じています。
苦手なことでやらなくてよいことは避けていくけれど、苦手だけれどやってみたいことというのは多少の荒療治でも立ち向かう自分でありたい。そんな風に感じています。

先日開催された新潟でのトークイベント。
沢山の方々にお集まりいただきありがとうございました。
はじめて訪れる場所で、どんな方々が集まってくださるのか不安でしたが暖かく迎えて頂きありがとうございました。
熱心に耳を傾けてくださり、質問してくださる方も多くとても嬉しかったです。

F7rhsxsakaa1zcb


今月のMOEはMOOMIN特集。「冒険の絵本」コーナーにて、著作の『PIHOTEK』(講談社)をご紹介いただいています。
是非ご覧ください。
moe-web.jp/now/

F7t6aj3aqaa1lkt



|

« 新潟 | トップページ | 装画のお仕事/『畏れ入谷の彼女の柘榴 』(講談社 »